読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

感情論その可能性の中心

私は、少なくとも大栗裕については、一行たりとも事実の裏付けのないことを書かない、という縛りを自分に課しているつもりですが、そういう縛りでどこまでいけるか、と考えていくと、不意にこういうタイトルを思いついた。