一代記

最後まで家族から源次郎と呼ばれた次男坊の大坂での活躍は、物語の支柱であった父安房守の一代記の後日談に過ぎない気がする。