編集者という人生

学問への愛憎相半ばの心情を抱えながら大手出版社から独立しつつ吉田秀和の喪失を嘆く、というのは、要するにファザコンなんだろうなあと思う。別にいいけど。