読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

欠落の肯定

目録・データベースのために情報を蒐集していると、どこかの段階で、もうこれ以上はリストを埋めることはできそうにない、という段階に達する。

そこで無理に空欄を埋めて、あたかもコンプリートしたかのように主張するのが「虚勢・知ったかぶり」であり、「この空白にはきっとこのようなものがあるに違いない」と妄想をたくましくするところから悪しきスペキュレーションが始動するのかもしれないが、「なぜこれ以上の情報を集めることができないのか」という風に、今度は欠落の理由を探索して、いわば、欠落を肯定するのが positivism というものであろうかと思う。

「山に住んでいるのだから、いかに確率・偶然のサイコロとはいえ、水辺の種はもう出てくるまい」と悟るのと同じこと、なのかもしれない。

物語は、ネタがすべてバレてしまったところから始まるのである。

(東京と大阪のウォーターフロントの拡張現実の賑わいは、遂にテレビが嗅ぎつけるところとなってしまったようだが……。)

余生の困難

山に住んでいるのだからこんなものか、と納得して、あとは、老後の楽しみでコイを集めることにしようと思い、涼しくなったのでふもとの水辺に降りると、天然の龍の第一形態と第二形態が同時に同じ場所に発生しているのに遭遇してしまった。(あたかも無欲であるかのように「遭遇」と書くのは半分嘘で、レーダーと、姉妹アプリの光の粒を頼りに周囲をかなり動いて探し当てたわけだが(笑)。)

そしてそうこうするうちに、卵が孵化して積み木を組み合わせたようなけったいな種が生まれたりして、相変わらずザワザワしている。

博士の協力を得ると、第三形態をさらに強くすることができるらしいですね。これと見込んだ有望種をどこまで強くできるか、この段階に来て、何やら「育成もの」風の動機付けが新たに見いだされてしまったではないか(笑)。

秀吉が赴任したことがあるとも言われる砦の山のふもとにはいくつか貯水池(かつては農業用だったが今は周囲がすべて宅地化している)があり、その脇の小さな古墳にこんもりと木が茂っている。山沿いをぐるりと巡ると旧西国街道に行き当たって本陣のお屋敷に出る。

街道は箕面の勝尾寺あたりから流れてくる川に沿っていて、川向こうには16歳の川端康成が祖父と暮らした村がある。

(本陣のお屋敷が拡張現実のジムに設定されているようだが、ここに龍が出たわけではないので、史跡の周囲を荒らしてはいけない。しかし、びわ湖とか川端康成の村とか、いつも妙なところで龍に出くわすものである。)

思弁と実証

speculation は底なしの懐疑を言葉として外化/表明し、一方、positivism は底なしの懐疑を物として外化/展示する。おそらくこの2つは、ホモ・ルーデンスの遊戯/退屈の2つの出口と言えるのではなかろうか?

(意訳:Pを定時モニタリングしながら資料を黙々と整理する一日)

戦士と愛玩

いつのまにか「調べてもらう」なるメニューが追加されて、きみのは大きい、とか、小さい、とかチームリーダー氏がズケズケと論評するのは、集めたアイテムを愛玩の対象としてではなく戦士として評価するように促しているのだろうなあ、と思うわけだが、

そうすると、愛玩(小谷野敦がヒトの究極の「退屈しのぎ」なのかもしれないと言う「子育て」に隣接すると思われる)は遊戯・ゲーム論的にどのような位置づけになるのだろう、と考えたところで、自宅に不意に見慣れないものが出た。

f:id:tsiraisi:20160825152633j:plain:w150

f:id:tsiraisi:20160825152809j:plain:h150

チームリーダー氏はこのように論評するが、この程度の偶然で私を引き留めようとしても無駄である(=不戦の誓い)。

101回目

1週間の張り込みで花を開く準備が整ったが、

f:id:tsiraisi:20160825113937j:plain

好戦的な顔つきですねえ……。

f:id:tsiraisi:20160825113948j:plain:w100

もう十分。引退の頃合いではないかという気がする。

f:id:tsiraisi:20160825114007j:plain:w100

地球という巨大なサイコロ - ギャンブルとは別の仕方で

前の記事の続き。

私は管理と蒐集を欲望しない、というのはそうなのだけれど、それじゃあ、あれは、いったい何を管理・蒐集しているのだろう、と考えると、ギャンブルとは別の仕方で偶然 chance を取り扱う方法を提案しているのかもしれない、と思った。

カイヨワの遊びの分類で言うと「アレア」ということになるのでしょうか?

私は、サイコロであれクジであれ、アレアっぽい運試しに熱中できない性分なので困ってしまいますが……。

(囲碁のほうがずっと面白いじゃん、と思ってしまうのだが、囲碁は、カイヨワの分類に照らすと「アゴン(競技)」になるんですね。分類というのは、それとこれとは別物だ、ということで、アゴンとアレアが相互の優劣を競っても不毛でしょうから、ここはこれ以上突っ込まない。)

あのゲームは、「もうギャンブルは要りません。サイコロを振ったり、ルーレットを回したりして、運試しのスリルに身をさらさなくても、地上のどこかを歩き回るだけで、あなたには幸運な出会いが用意されています」ということですね。

そして、

その「幸運」は、図鑑(データベース)に照らせば、たちどころにその度合いを知ることができますし、私達のソフトウェアは、どこに「幸運」がかくれているか、あなたを導くヒントをご用意しています。

という親切設計になっているわけだ。

拡張現実の手法は、GoogleMap を介して、地球を巨大なサイコロに変換しているのかもしれませんね。(土管が貫通したり、サイコロとみなされたり、拡張された地球は大忙しである。)

f:id:tsiraisi:20160824220123j:plain:h100

梅田で本屋の帰りに駅の「大いなる正面」(21世紀の梅田には大阪駅の北側を「正面」であると主張する一群の高層ビルがある)に寄り道したら、大量のアヒルに混じって「幸運」が1匹出た。

私は管理と蒐集を欲望しない

レーダーが使えるようになって、特定の種を25匹集めて博士に送れば……、というのも、理不尽ではない程度に時間をかければ目処が立つようになったが、元来コレクションに喜びを覚える性格ではないので、興味はこれ以上長続きしないかもしれない。

仕掛けが大がかりだから、何がどうなっているのか、わけがわかるまでに手間がかったけれど、結果として何が得られるかというと、愛嬌のある第一形態は、第二形態、第三形態に進むにつれて、戦闘モードだからなのだと思いますが、どんどん不穏なデザインに変わっていくんですね。

こうなると、ますますもって、彼らを戦場に送り出すしかない感じがしてくるではないか(笑)。

私は戦場で彼らと苦楽を共にする気はない。トレーナーという立場にも興味がないんですよねえ。

当節の世間には、レアアイテムのコレクションとか、戦士の胴元・応援団とか、そういうポジションを欲望する人が多いのだろうか? ポケモンは(リオのマリオのプロジェクションマッピングな拡張現実ショウには登場しなかったけれど)一世を風靡したわけだから、みなさん結構、管理と蒐集がお好きなんですかねえ。データベース消費とか環境管理とか、確かにひと頃さかんに言われてはいたけれど。

レーダーの解析

自宅から捕捉できる出現場所と出現スケジュールをほぼ把握した。

方角はわかるが立ち入れないので未特定の場所に出るのが4件、捕獲可能なのが10件(自宅から捕獲可能なのはそのうち3件)。サクラ散る養殖(30分に10件)のほぼ半分、悪くないペースで、常時、家の周囲に何かが出ていることになりますね。

不審者と思われないように、各所への立ち寄りは必要最小限に留めて、得られたデータからマップを作るのは、ちょっとしたパズルのようではありました。

テスト中と噂される新機能が実装されたら、こういう苦労は要らなくなるわけだが。

知ったかぶりと大人買い - 21世紀のうさぎとかめについて

学生や若手知識人が知識先行の経験不足になりがちなのは、そういうものなのだから、周囲も本人も、それを認めたうえで、あたかも経験豊富であるかのような「知ったかぶり」を強いたり期待したりしないほうがいいように思う。

高等教育の設計とは、知識先行で経験不足な人材をどこにどう配置しておくのがいいか、という話であって、擁護するにせよ批判するにせよ、経験不足を理由に知識人・高等教育を責め立てたり、「経験」などというものは知識が生み出す幻想である、という逆ギレ気味のポストモダンに知識人を追い込んだりするのは、逆効果なのだと思う。

まずは、「知ったかぶり」という過剰装備を解除できる環境を作ることだろう。

ただし、それじゃあそういう学生や若手の知識先行が、その後どのように推移するのか、という見通しに関して、当節は「大人買い問題」というのがありそうだ。

伝統的には、勉学の妨げにならないような「毎日30分」とか「お小遣いの範囲内で」とかいう形で、余暇や遊びの領域を用意して、これが積もり積もって、何かの「経験」になると想定されていた気配がありますよね。

若い頃にトップスピードで疾走するイソップ寓話のうさぎのような知識と、遅々として進まないけれども止まることのないかめのような経験が、中高年のどこかで同時にゴールする、というようなイメージだと思う。

でも、オタクが公認された、いわばポスト・オタク時代のクール・ジャパンには、これじゃあスピードが足りない、というので、若い頃はドーピング気味に寸暇を惜しんで「知識」を加速して、30代あたりで、こんどは、「大人買い」によって「経験」を同様にドーピング気味の猛スピードで摂取して辻褄を合わせるソリューションが用意されている印象がある。

(50代からジャズの人になった岡田暁生は「大人買い」の先駆者なのかもしれませんね。)

「大人買い」で得られたものと、余暇や遊びが長期間堆積したものを、量的・質的に同一視できるのかどうか。両者を同一視するか、しないか。そこが人文科学の未来像の分かれ道なのかもしれない。「大人買い」という時間の圧縮が可能かどうか、という観点からの余暇や遊びの分類・再編は、既に進行中なのかもしれませんし……。

近代集落としての「農村」

新潟が米所になったのは、総力戦総動員下の大規模な治水・灌漑事業の結果であるらしい(ブラタモリ情報)。九州の農村も、おそらく似たような経緯で今日に至っているのではあるまいか?

「失われた20年」の大都市での闘いに疲れた中高年がノスタルジックに語る「田舎」や「地元」は、総力戦総動員を土台とする高度成長の成果であり、都会の斜陽化した重化学工業地帯と同じような「近代の遺構」なのかもしれない。

「田舎」や「地元」への郷愁は前近代に届いていない。それは、せいぜい、高度成長の豊かな実りを収穫する「日本の秋」、70年代のディスカバー・ジャパンな「いい日旅立ち」を懐かしんでいるに過ぎないのではないか。

(「俺、安保反対運動とかやってるんだ」と言うと地元の親戚たちに鼻であしらわれる、というのは、別に、「田舎」が「都会」とは別の価値観で動いている、というのではなく、都会の親戚たちの集まりであっても、反応はたぶん同じだと思う。)